股関節のしこりを押すと痛い時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節のしこりを押すと痛い時」
についてお話します。

 

人間にとって股関節は
重たい上半身を支えつつ、

 

下半身の動きの
要でもある重要な場所です。

 

そのような股関節付近にしこりが
できてしまったら、

 

日常動作を行なうたびに
気になってしまいますよね。

 

今回は特に股関節に押すと痛い
しこりができてしまった場合についての
原因をまとめました。

 

女性特有の原因による股関節の
しこりについては

 

股関節 しこり 痛い 女

 

で解説していますので、
そちらも参考にしてくださいね。

 

しこりができる粉瘤とは?

 

股関節に痛みを伴うしこりが発生した場合、
原因として考えられるものに

 

「粉瘤」

 

があります。

 

粉瘤とは、別名

 

「アテローム」や「表皮嚢腫」

 

などと言われるもので、
よく背中や首などに発生する
ニキビのようなしこりです。

 

本来自然に排出されるはずの垢や老廃物が、
皮膚の表面にできた袋状の中に
溜まってしまいます。

 

中に細菌が入り込み、
同時に炎症や膿が発生して
痛みを引き起こすことがあります。

 

はっきりとした発症の
メカニズムについてはまだ
解明されていませんが、

 

股関節については下着が擦れたり、
蒸れたりなど不衛生な環境を

 

起こしやすいことが関係している
可能性があります。

 

また、疲れていたりストレスが
溜まっていると粉瘤ができやすいので
注意が必要です。

 

基本的に良性の腫瘍なので
心配ありませんが、
将来的にごく稀にがん化する

スポンサーリンク

恐れもあると考えられているため
症状が続いている場合はきちんと
治療を行なってください。

 

通常は放っておいても治ってしまう
こともある粉瘤ですが、

 

あまりに大きく腫れていたり
痛みがある場合などは

 

皮膚科や形成外科、場合によっては
場所が股関節ですので
婦人科でも対応してくれることもあります。

 

病院では、粉瘤の中に
溜まっている膿や芯と
なっている部分を取り除きます。

 

簡単な切除手術になることもあります。

 

治療後は再発を防ぐために
患部を清潔に保ちましょう。

 

急性リンパ節炎の可能性も

 

股関節に痛みを伴うしこりが
発生した場合は

 

「急性リンパ節炎」

 

の可能性もあります。

 

股関節は鼠径部と呼ばれる場所にあたり、
この付近には下半身のリンパ管が通っています。

 

鼠径部あたりは特にリンパ管の
節目であるリンパ節が密集しており、

 

身体に進入した細菌やウィルス
などといった異物をやっつける
働きをしています。

 

したがって、怪我をしたり
風邪をひくなど細菌やウィルスの

 

感染症にかかると股関節の
リンパ節が腫れてしまうことがあります。

 

これがグリグリ、コリコリとした
しこりを引き起こす原因となっており、
熱や痛みを伴うこともあります。

 

急性リンパ節炎は基本的には
安静にしていれば治りますが、

 

症状が酷かったりなかなか治らない場合には
内科を受診して抗生剤や
痛み止めを処方してもらいましょう。

 

股関節にしこりができる原因は様々ですが、
中には悪性腫瘍などの怖い病気が
潜んでいることもあります。

 

気になる症状がある場合は
遠慮なく病院を受診して検査を受けましょう。

スポンサーリンク