股関節のしこりで痛みなしの時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節のしこりで痛みなしの時」
についてお話します。

 

股関節にしこりが発生すると、真っ先に

 

「悪性腫瘍ではないか?」

 

と心配になりますよね。

 

風邪や怪我をしたあとなどに生じる、
痛みを伴うしこりは

 

「リンパが腫れているだけかな?」

 

とも思いますが、もしも痛みなしの
しこりが股関節にできた場合は
ちょっと不安に感じます。

 

今回は痛くないしこりが股関節に
発生した場合の原因と、
万が一悪性腫瘍だった場合について解説します。

 

ほとんどが良性腫瘍

 

股関節に発生するしこりはほとんどが

 

「粉瘤」や「脂肪腫」

 

などといった良性の腫瘍です。

 

「粉瘤」
は本来体外に排出されるはずの垢や
老廃物が表皮にできた袋状の部分に溜まって、
しこりのような状態になったものです。

 

全身どこにでも発生するニキビのようなもので、
ほとんどの場合自然に治ってしまいますが
中には大きく腫れて痛みを伴うこともあります。

 

対処法は幹部を清潔に保って、
疲れやストレスを溜めないことですが、

 

あまりに症状が酷い場合には皮膚科や
形成外科で切除してもらいましょう。

 

また「脂肪腫」に関しても
脂肪組織からできる良性腫瘍ですので、
基本的には放っておいても
心配のないしこりです。

 

触るとコリコリしていて痛みはありません。

 

男性よりも脂肪の多い女性にできやすく、
発生のメカニズムは不明ですが
加齢と共に生じることが多いです。

スポンサーリンク

また、太ももやお尻など身体の中でも
脂肪が多い部分にできやすいですが、
基本的には全身に発生する可能性があります。

 

放置しても大丈夫ですが、
気になる場合には皮膚科や形成外科で

 

切除することもできますので
相談してみてください。

 

まれに悪性の場合も…

 

血液の癌である悪性リンパ腫の可能性も
ごく僅かにありますので注意が必要です。

 

しかしこれといった特有の
初期症状はあまり無く、
早期発見がしにくい病気でもあります。

 

もしも股関節にしこりができて、
他にも風邪のような症状がでていたり、
疲れがとれにくい、体重減少がみられる

 

などの症状も同時にあらわれている
場合には注意が必要です。

 

また、しこりに関しても
硬くて触っても動かない、
痛みが無い、どんどん大きくなる…

 

などの症状がありましたら
悪性を疑ってすぐに病院で
検査を受けてください。

 

股関節にできるしこりはほとんどが
良性腫瘍ですが、「粉瘤」や「脂肪腫」
であると判断してもあまりにしこりが

 

大きく成長する場合や症状が治まらず
にどんどん痛みが発生する場合には
悪性化している可能性もあります。

 

小さく、自然に治ってしまうものは
問題ありませんが、もしもなかなかしこりが

 

無くならなくて気になる場合には
一度病院で検査を受けてみてくださいね。

スポンサーリンク