股関節のしこりが痛い女性の場合とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節のしこりが痛い女性の場合」
についてお話します。

 

「なんだか股関節付近にできたしこりが痛い…」

 

こんな症状にお悩みではありませんか?

 

股関節にしこりができる原因は、
特に心配のないものからすぐに
治療の必要な病気まで様々です。

 

今回はその中でも特に女性に多い
原因についてまとめましたので、
是非参考にしてくださいね。

 

変形性股関節症

 

もしも股関節のしこりに加えて、
股関節の痛み、歩いたり座ったり
などの日常的な動きがスムーズにできない…

 

などの症状がでている場合には

 

「変形性股関節症」

 

かもしれません。

 

変形性股関節症は、
何らかの原因で股関節軟骨が

 

すり減ってしまうことによって
引き起こされる、女性に多く
みられる股関節疾患です。

 

原因は先天性股関節脱臼や
先天性臼蓋形成不全などの

 

生まれ持ったものがほとんどですが、
老化の過程で起こることもあります。

 

主な症状は股関節や太ももの痛み、
腰痛、股関節の動きに制限がでる、
跛行などです。

 

また股関節付近が腫れたり、
水が溜まったりすることもあり、

 

このような症状がしこりとして
感じられる原因になっています。

 

診断には、レントゲンやCT、
MRI検査などが行われます。

 

治療法としては、まずは保存的療法が
選択されることが多くなります。

 

股関節に負担のかかる動作を制限したり、
体重をコントロールしたり、
理学療法や薬物療法などが行なわれます。

 

しかしそれでも症状が悪化する場合には、
手術になることもあります。

スポンサーリンク

女性ホルモンの影響も…

 

女性の場合ホルモンバランスが
崩れやすいので、生理や妊娠、

 

出産などで股関節にリンパ節炎を
発症することがあり、

 

これがしこりを発生させる
原因となっていることがあります。

 

身体にはリンパ液が流れるための
リンパ管が張り巡らされており、
その先にはリンパ節という節目があります。

 

股関節にはこのリンパ節が集まっており、
身体の中に進入した細菌やウィルスを
排除する役目を担っています。

 

風邪やケガ、女性ホルモンの変化などで
免疫力が低下しているときに

 

細菌やウィルスが進入すると、
リンパ節が腫れることがありますが、
これをリンパ節炎といいます。

 

主な治療法は、抗生物質を
投与して安静にすることになります。

 

女性が注意すべき股関節のしこり

 

また、注意すべき病気が
原因のしこりもあります。

 

「ヘルペス」などの感染症です。

 

なぜなら、女性がこういった病気を
発症すると重症化したり妊娠に
影響する可能性があるからです。

 

どちらも股関節付近にしこりが発生したり、
発熱やリンパ節が腫れることがあります。

 

原因がウィルス感染ですので、
薬物療法によって完全に治療が終わるまで
注意深く経過観察する必要があります。

 

股関節に発生するしこりは、
様々な病気のサインかもしれません。

 

もしも気になる症状があれば
「変形性股関節症」の場合は整形外科、

 

「リンパ節炎」は内科、
「ヘルペス」は婦人科を受診しましょう。

スポンサーリンク