股関節で屈曲の筋肉とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節で屈曲の筋肉」
についてお話します。

 

人は股関節の屈曲と伸展、外転と内転、
外旋と内旋といったいくつかの主要な

 

動きによって日常動作を
スムーズに行なっています。

 

その中でも特に「屈曲」という動きは
もっとも基本的な歩行という
動作に重要なものです。

 

屈曲について理解し、その動作を支えている
筋肉を鍛えることによってより
健康的な生活が実現します。

 

したがって今回は屈曲や関係する
筋肉についての解説と、
実際のストレッチ方法を紹介します。

 

屈曲とは反対の動作である
「伸展」についての解説は

 

股関節 伸展 筋

 

でもまとめていますので、
そちらも参考にして下さいね。

 

股関節の屈曲とは?

 

股関節の屈曲とは、膝や太ももを
前方やお腹側へ引き上げたり
振ったりする動作のことをいいます。

 

歩いたり、走ったり、ボールを蹴るような
動作にも必要な動きですので、

 

日常動作はもちろんスポーツに
おいても重要になります。

 

屈曲をするために主な働きをしている筋肉は、

 

「大腰筋」

 

「腸骨筋」

 

「大腿直筋」

 

「縫工筋」

 

などです。

 

しかし実際には大腿筋膜張筋や恥骨筋、
長内転筋、短内転筋、薄筋など

 

様々な筋肉が関与して屈曲という
動作が実現しています。

 

ただ、やはり屈曲を主に支えているのは
大腰筋と腸骨筋ですので、

 

この二つの筋肉の働きに問題があると
屈曲動作がうまく作用しなくなってしまいます。

スポンサーリンク

そうなるとバランスが崩れて
さらに他の周辺筋肉が互いに庇い合い、

 

余分な負荷がかかってしまう
という悪循環に陥ります。

 

そうならないためにも、
特に大腰筋と腸骨筋を鍛えることが

 

健康的な生活を送るための
ポイントになります。

 

屈曲筋ストレッチ方法

 

屈曲筋の中でも大腰筋と腸骨筋を
中心に鍛えることで、
運動パフォーマンスもアップしますし、

 

股関節の歪みが解消されて
血流が良くなります。

 

下半身の血流が良くなる
ということは全身の代謝を促すことにも
繋がりますから、疲れにくくなったり、
ダイエットにも効果的です。

 

そんな屈曲筋の簡単な
ストレッチ方法を紹介します。

 

まずは椅子を用意してください。

 

椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばします。

 

両手を椅子につけて、
深呼吸しながらゆっくりと
片膝を真上に引き上げます。

 

そして今度は息を吐きながら
ゆっくりと膝を戻します。

 

反対側の膝も同様に行ないます。

 

ご自身の状態に合わせながら
無理せずに何セットか繰り返してください。

 

ただし腰痛や股関節痛がある場合には
かかりつけの医師に
相談してから行なって下さいね。

 

また、合わせて股関節の動きに
関する他の筋肉もバランスよく
鍛えるとさらなる相乗効果が見込めます。

 

日々の健康のためにも是非お試しくださいね。

スポンサーリンク