股関節痛に効く薬とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節痛に効く薬」
についてお話します。

 

変形性股関節症などによって引き起こされる
股関節痛はとてもつらく、人によっては
歩けないほど強い痛みを感じることもあります。

 

もちろんあまりに酷い場合には手術を
決断する必要もありますが、

 

薬物療法の場合にはどのような
薬が効果的なのでしょうか?

 

今回は股関節痛に効く薬や
その他の効果的な対処療法について
まとめましたので、参考にしてくださいね。

 

股関節痛に効く薬は?

 

基本的に股関節痛は身体の奥から
発生しているものですので

 

外用薬である湿布や塗り薬などは
あまり効き目がありません。

 

こういった外用薬はどちらかというと、
股関節の表面が腫れている場合や、

 

股関節の痛みを庇うために無理な
姿勢をとって筋肉痛が生じた場合
などに用いると効果的です。

 

一般的に股関節痛には痛み止めとして
内服薬が処方されますが、
アセトアミノフェンなどよりも

 

NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛薬)に
分類されるジクロフェナクが
比較的有効であるとされています。

 

いわゆる「ボルタレン」という名前の薬ですが、
効き目が強いので副作用として
消化器症状が出ることもあり、

 

通常は胃薬などと一緒に
処方されることの多い薬です。

 

ボルタレンは市販では手に入らないので
病院で処方してもらうしかありません。

 

もしも

 

「すぐには病院に行けない…」

スポンサーリンク

という場合には同じNSAIDsである
「ロキソニン」を市販で手に入れることが

 

できますのでそちらを試して
様子をみるのもオススメです。

 

あまりに痛みが酷い場合は…

 

あまりに痛みが酷く、内服薬では
効果がない場合には坐薬が
使用されることもあります。

 

また、もっとも効き目が強い方法は
強力な抗炎症作用のあるステロイドを
注射器で直接股関節に注入する方法です。

 

ステロイドは酷い痛みを手っ取り早く
抑えるには最適の方法ですが、

 

一方で副作用が強く骨の働きを
弱めてしまったり免疫力を
低下させてしまう恐れのある薬です。

 

また、ヒアルロン酸を
関節に注入する方法もあります。

 

ヒアルロン酸は関節をスムーズに動かすための
潤滑油のような役割を果たしてくれるもので

 

抗炎症作用もあるとされており、
近年では変形性股関節症にも
効果があると期待されている方法です。

 

関節痛の痛みは薬で
ある程度抑えることも可能ですが、
やはり市販薬では効果が薄いようです。

 

痛みが酷く、歩くことも
ままならないような場合にはきちんと

 

整形外科を受診して適切な薬を
処方してもらいましょう。

 

そして今後の治療法については、
しっかりと納得いくまで医師と話し合って
場合によっては手術も検討しましょう。

スポンサーリンク