股関節が壊死の難病とは?

スポンサーリンク

ここでは、「股関節が壊死の難病」
についてお話します。

 

股関節に原因不明の痛みを感じる場合、

 

「突発性大腿骨頭壊死症」

 

を発症している可能性があります。

 

突発性大腿骨頭壊死症とは、
何らかの原因によって大腿骨の
骨頭が壊死してしまって、

 

その範囲が広がるとやがて
骨が潰れて痛みがでる難病です。

 

大腿骨の骨頭とは股関節部分にある、
太ももの骨の付け根にあたる
ボール状の部分です。

 

大腿骨の骨頭が壊死し始めた頃は
まだまだ痛みがあらわれないことも多く、
気が付かない人がほとんどです。

 

今回はそんな大腿骨頭壊死症に
ついて解説しますので、

 

知らないうちに進行してしまう前に
少しでも違和感を感じたら
病院を受診してほしいと思います。

 

突発性大腿骨頭壊死症とは?

 

突発性大腿骨頭壊死症は
国の難病に指定されている病気で、

 

はっきりとした原因や
発生のメカニズムは未だに不明です。

 

ただこの病気を引き起こす
可能性のある原因として考えられるのは、

 

お酒の飲みすぎや
ステロイドの服用などです。

 

メカニズムはわかりませんが、
これらの原因によってなんらかの

 

影響を受けて血流が滞り、
大腿骨の骨頭が壊死してしまいます。

 

ステロイドを大量に服用することで
突発性大腿骨頭壊死症を
発症しやすいことがわかっていますが、

 

一方でステロイド治療を必要とする
病気はたくさんあり、

 

決して自己判断で服用量を減らしては
いけないことから予防の
難しい病気でもあります。

 

また、ステロイドを必要とする
膠原病の中でも特に

 

「全身性エリテマトーデス」

 

の治療で服用すると
突発性大腿骨頭壊死症を

 

引き起こしやすいという
データがでています。

 

骨が壊死しても痛みがなく、
骨が潰れて初めて違和感や

 

痛みを感じるように
なるのが特徴ですので、

スポンサーリンク

何年も病気の発生に
気が付かない人もいます。

 

症状がでる期間には個人差があり、
年齢や活動量などに関係

 

しているのではないか
と言われています。

 

どのような治療が行なわれるか?

 

骨は再生しますので、壊死している部分が
非常に小さいものの場合は

 

経過観察でしばらく
様子をみることもあります。

 

ただし痛みがでてきた場合には、
壊死している範囲がそこまで
大きくなければ

 

「骨切り術」

 

が行なわれます。

 

骨切り術とは、骨を切って角度を変化させ、
壊死している部分に負荷が
かからないようにする手術です。

 

そうすることによって、
骨が潰れないようにするのです。

 

しかしあまりに範囲が大きい場合は
骨を切って角度をつけることが
できないので、その場合は

 

「人工股関節置換術」

 

 

「人工骨頭置換術」

 

などが行なわれることもあります。

 

治療法の選択については患者の年齢や
ライフスタイルなどによって異なりますので、

 

医師と納得いくまで
話し合って決める必要があります。

 

股関節に思い当たる痛みや
違和感がある場合には整形外科を
受診して相談してくださいね。

 

・・・というわけで、
あなたもこのカテゴリーの記事を読んで

 

股関節の「その他」関係について、
私と一緒にお勉強しましょうね!

スポンサーリンク

股関節が壊死の難病とは?記事一覧

ここでは、「股関節が柔らかいメリット」についてお話します。股関節が柔らかく、足をベターッと180度開脚できる人が羨ましいですよね。普段はあまり意識しない股関節ですが、実は人間にとっては非常に重要な役割を果たす存在となっているんです。そのような股関節が柔らかいと心身にとってたくさんのメリットがあります。今回は人間にとっての股関節の重要性と、股関節が柔らかいとどんないいことがあるのか?について紹介しま...

ここでは、「股関節の伸展筋」についてお話します。股関節は胴体と両足を繋ぐ重要な関節で、日常的な歩く、座る、立つ、上る、下る、…などの様々な動作を行なっています。一見なにげなく動いているように見えますが、それらの動きは関節を取り巻くたくさんの筋肉や靭帯などが複雑に作用し合って実現しています。今回はその中でも特に股関節の「伸展」という動きを支えている伸展筋について解説します。また、股関節を柔らかくする...

ここでは、「股関節で屈曲の筋肉」についてお話します。人は股関節の屈曲と伸展、外転と内転、外旋と内旋といったいくつかの主要な動きによって日常動作をスムーズに行なっています。その中でも特に「屈曲」という動きはもっとも基本的な歩行という動作に重要なものです。屈曲について理解し、その動作を支えている筋肉を鍛えることによってより健康的な生活が実現します。したがって今回は屈曲や関係する筋肉についての解説と、実...

ここでは、「股関節を柔らかくする方法で短期間」についてお話します。股関節が柔らかいと怪我もしにくいですし、骨盤の歪みも解消されて血流も良くなります。すると代謝が良くなって身体が疲れにくくなり、さらに基礎代謝が上がるのでダイエットにも効果的です。「股関節 柔らかい メリット」でも紹介していますが、股関節が柔らかいとメリットがたくさんあるんです。そこで、今回は誰でも簡単に短期間で股関節を柔らかくする方...

ここでは、「股関節が柔らかくならないのはなぜなのか」についてお話します。股関節が柔らかいとダイエットにも効果的ですし、病気や怪我の予防にもなりますので良い事尽くしです。しかしストレッチをしてもなかなか股関節が柔らかくならない場合には、もしかしたらそもそもの原因が違うものかもしれません…。確かにストレッチは筋肉を柔らかくするためには効果的ですが、実は股関節を硬くしている原因は筋肉の硬さだけではないん...

ここでは、「股関節が固いのが片方だけの時」についてお話します。「股関節が片方だけ固いのはなぜ…?」このような悩みを持っている方はたくさんいらっしゃいます。例えば、あぐらをかいたときに片方の膝だけ不自然に上がってはいないでしょうか?ストレッチをしたときに、極端に片方だけが固いということはありませんか?今回はこれらの症状を引き起こしている原因について解説します!また、対処法や効果的なストレッチ方法まで...

ここでは、「股関節炎の原因で大人の場合」についてお話します。股関節炎を発症したことはありますか?乳幼児によくみられるイメージがありますが、実は大人にもよくあらわれる症状なんです。ただ、いまだにはっきりとした発症のメカニズムは解明されておらず、原因は様々に考えられます。今回は、大人の股関節炎を引き起こしているいくつかの原因と、その対処法についてまとめました。大人の股関節炎の原因は?股関節炎はその名の...

ここでは、「股関節炎の薬」についてお話します。「なんだか股関節が痛くて歩けない…」こんな症状があらわれたときは、もしかしたら股関節炎が起こっているかもしれません。股関節は歩いたり座ったり、普段の何気ない動作をするために重要な役割を担っている部分で、そこに炎症が起こってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうことがあります。いったい股関節炎はなぜ起こるのでしょうか?また、つらい症状をなんとか薬で対処す...

ここでは、「股関節痛に効く薬」についてお話します。変形性股関節症などによって引き起こされる股関節痛はとてもつらく、人によっては歩けないほど強い痛みを感じることもあります。もちろんあまりに酷い場合には手術を決断する必要もありますが、薬物療法の場合にはどのような薬が効果的なのでしょうか?今回は股関節痛に効く薬やその他の効果的な対処療法についてまとめましたので、参考にしてくださいね。股関節痛に効く薬は?...

ここでは、「股関節の人工関節手術の費用」についてお話します。股関節は日常の立つ、座る、歩くなどの動作に欠かせない重要な関節です。そのような股関節に疾患があると、痛みなどの症状もつらいですが徐々に日常動作が制限されてしまって生活に支障が出てしまいます。原因は様々ですが、股関節の損傷が進行してしまうと元には戻りませんので手術を受ける必要性が出てくることもあります。今回はいくつかある手術方法の中でも特に...