あぐらで股関節の内側に痛みがある時とは?

スポンサーリンク

ここでは、「あぐらで股関節の内側に痛みがある時」
についてお話します。

 

「あぐらをかくと股関節の痛みがでる…」

 

という人は意外と多くいます。

 

あぐらをかけない理由は股関節の
可動域に関係していますので、
股関節が硬い人は痛みが生じてしまいます。

 

とはいえ、みんながあぐらを
かいている中で自分だけかけない…

 

というのもなんだか恥ずかしいですし、
そもそも股関節が硬いと
健康を害する原因にもなってしまいます。

 

今回はあぐらをかくと痛みが
生じてしまう人の原因と、

 

股関節を柔らかくして少しでも
改善させるポイントについて解説します。

 

あぐらがかけない原因は?

 

いわゆる股関節が硬い人というのは、
股関節の可動域が
狭くなっている人のことです。

 

なぜ可動域が狭くなってしまったのか?

 

というと、何らかの原因によって
身体全体のバランスが崩れて骨盤や

 

股関節周辺に歪みが生じて
負荷がかかってしまった
結果であるといえます。

 

人間の身体は不自然な負荷が
かかり続けてしまうと筋肉や

 

筋膜が凝り固まってしまい、
関節の動きを妨げます。

 

特に骨盤、股関節は身体の中心部分で
負担のかかりやすい場所ですので

 

身体のバランスが崩れると
ダイレクトに影響を受けてしまうのです。

 

このような状態を引き起こす
原因は様々に考えられます。

 

例えば、女性であれば妊娠や
出産などによる骨盤の歪みです。

 

また肥満などの体型的な理由も
考えられますし、長時間同じ姿勢を

 

とり続けるような仕事も股関節の
痛みを引き起こす原因となってしまいます。

スポンサーリンク

変形性股関節症や関節リウマチなどの
股関節疾患が原因の可能性もあります。

 

対処法について

 

あぐらをかけないような股関節の痛みは
股関節疾患などが原因の場合もありますので、

 

もしもあぐらをかけない以外に歩きにくい、
股関節が腫れる、股関節痛などの

 

症状があらわれている場合には
整形外科を受診して検査を受けてください。

 

それ以外の筋肉や筋膜が硬いことに
よるものはストレッチが効果的です。

 

あぐらで痛みが生じる場合には
特に太ももの内側の内転筋や

 

お尻側の臀筋を意識した
ストレッチを行なうと良いでしょう。

 

実際に簡単な方法を紹介します。

 

1、仰向けに寝て、片方の足を
  45度の高さまで上げます。

 

2、それからゆっくり大きく
  円を描くように回します。

 

  外回しと内回しを3回ずつ
  行なったら足をゆっくり戻します。

 

3、反対側の足も同様に行ないます。

 

ポイントはお風呂上がりなどの
血行が良いときに行なうことです。

 

毎日コツコツと続けると、
徐々に股関節が柔らかくなっていきます。

 

股関節が柔らかいと、
血流が良くなり代謝が促されます。

 

すると、ダイエットにも
効果的ですし病気もしにくくなります。

 

少しずつでもいいので毎日続けてみましょう。

スポンサーリンク